インド  
インドing > デリー
 
クトゥブ・ミナール

 クトゥブ・ミナール(Qutb Minar):ヒンズー教とイスラム教の様式が混ざり合った石塔で、デリーで最も有名な遺跡の一つ。奴隷王朝時代の1199年にクトゥブッディーン・アイバク王(Qutb-ud-din Aibak)が建造を開始したといわれており、高さ72.5メートルはインドに現存する石造りの塔では最も高い。基部で直径約15メートル、頂上では2.5メートル。塔は5層からなり、最初の3層は赤砂岩、4層から上は大理石と砂岩で造られているが、これは後の時代に何度も崩れ建て直された為である。また、当初は4層しかなかったが落雷により最上部が損壊し、その補修時に5層目が加わり現在の高さとなった。塔の壁面にはコーランの文字が刻まれていて、勝利の記念碑であるとともに祈りの時間を知らせる告知塔でもあった。
 境内にグプタ王朝のチャンドラプタ王が建てたと言う高さ7メートルの鉄柱(Quwat-ul-Islam Masjid)がある。1600年以前の物と言われ純度100%に近いと言うが錆びたことが無いと言われている。この鉄柱に後ろ向きに手を廻して、指と指がつながれば、再びインドにこられると言い伝えられている。ただし、現在は柵が設置され鉄柱に近寄ることは出来ない。
 
クトゥブ・ミナール

地図

行き方:ニューデリー郊外(南)15キロメートル。ニューデリー駅から505番バスで約30分
 
Google Map を利用したクトゥブ・ミナールの地図です。
地図中にあるオレンジ色のバルーンマーカーがクトゥブ・ミナールです。それぞれのバルーンをクリックすると名前と写真を表示する噴出しが出てきます。地図左側の「+/-」で地図の拡大縮小が可能で、右上の「航空写真」をクリックすると上空から撮影した写真を見ることが出来ます。
 
地図データ 読み込み中 .......
 
地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。

写真

鉄柱
鉄柱
鉄柱
鉄柱
回廊
回廊
回廊
回廊

アラビア文字
アラビア文字
 

 

Copyright © 2005-2009 Indiaing. all rights reserved.