インド  
インドing > デリー
 
ジャーマ・マスジット

 ジャーマ・マスジット(Jama Masjid):インドで最も大きいイスラム教のモスク。収容人員は約25,000人といわれている。この寺院の建築は、1644年にムガール皇帝のシャー・ジャハーンによって着工され、1658年にアウラングセーブが完成させた。完成までに5,000人の職人を要した。中には内庭が広がり、東の門の桟敷は大理石の板を席とした貴賓用と、砂岩の四角い板を席とした庶民用とに分れていて、大きな礼拝はすベてここで行われる。 また、この礼拝堂が頂く3つのドームは白と黒の大理石でストライプ模様に装飾されており、タジ・マハールやラール・キラーとともに皇帝シャー・ジャハーンが残した傑作の一つに数えられている。
 
ジャーマ・マスジット

地図

行き方:オールドデリーにあり、コンノートプレイスからは164番か216番バス、ニューデリー駅からは172番バスを利用。
 
Google Map を利用したジャーマ・マスジットの地図です。
地図中にあるオレンジ色のバルーンマーカーがジャーマ・マスジットです。青色のバルーンは周辺の見どころや交通機関です。それぞれのバルーンをクリックすると名前と写真を表示する噴出しが出てきます。地図左側の「+/-」で地図の拡大縮小が可能で、右上の「航空写真」をクリックすると上空から撮影した写真を見ることが出来ます。
 
地図データ 読み込み中 .......
 
地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。

写真

祈る人
祈る人
ミーラブ
ミーラブ

(祈祷のための壁龕)

インド風
インド風
 

 

Copyright © 2005-2009 Indiaing. all rights reserved.