インド  
インドing > アグラ
 
アグラ城

 ヤムナ川の西岸に建つアグラー城。ムガール帝国以前、ラジプート(地元の藩主)の居城があった要衝の地に、第3代皇帝アクバルが8年間をかけて築いた壮大な城。
 後に第4代ジャハーンギール、第5代シャー・ジャハーン、第6代アウラングゼーブに引き継がれ、造築、改修が施された。アグラー城の門は南と西にあるが現在入場は南門からのみとなっている。
 城壁内には公衆謁見の間「ディワニー・アム」(Diwan-i-Am)や特別謁見の間「ディワニー・ハス」(Diwan-i-Khaas)、皇帝の休息室「シシュ・マハール」(Sheesh Mahal)、「カース・マハール」(Khass Mahal)など、イスラム教を基盤としながらもヒンズー教を尊重し、独自の文化を築いたムガール帝国の融和政策の結晶を目にすることができる。シャー・ジャハーンが息子アウラングゼーブにより幽閉されていた八角形の塔「ムサンマン・ブルジ(Musamman Burj)からはタジ・マハールが望める。シャー・ジャハンは亡き愛妃ムムターズ・マハールを想いながら毎日タジ・マハールを眺め、7年後に亡くなった。
 
アグラ城地図です。中央のオレンジ色のバルーンアイコンの場所がアグラ城です。
 
地図データ 読み込み中 .......
 
地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。
 
 

 
 
アグラの
ホテルを格安予約
アグラ・ホテル予約

Copyright © 2005-2009 Indiaing. all rights reserved.