インド  
インドing > ジャイプル
 
風の宮殿

 風の宮殿(ハワ・マハル、Hawa Mahal)は1799年に、ジャイプル5代当主プラタプ・スィン(Maharaja Sawai Pratap Singh)により建てられたジャイプルのシンボル的な建物です。当時、イスラムの影響を受け、外を歩くことができなかった宮廷の貴婦人達が、宮殿から続く細いトンネルを通って風の宮殿に来ては、世間の目に触れることなく街路で繰り広げられる祭やパレードを眺めていたと伝えられています。正面から見ると幅広く、大きく感じられますが、厚みのない屏風のような建物となっています。沢山の窓と美しい透かし彫りを施してテラスの風の吹き抜けが良いことから、「風の宮殿」と名付けられています。敷地内には小さな考古学博物館があります。
 
風の宮殿
 
風の宮殿(ハワ・マハル)地図です。中央のオレンジ色のバルーンアイコンの場所が風の宮殿(ハワ・マハル)です。
 
地図データ 読み込み中 .......
 
地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。
 
 

 
ジャイプルの見所
 
ジャイプルの
ホテルを格安予約
ジャイプル・ホテル予約

Copyright © 2005-2009 Indiaing. all rights reserved.