インド  
インドing > 仏教聖地
 
ルンビニ

生誕の地:ルンビニ(藍毘尼)
ネパール国内。インドネパール国境の町スナウリから30km。ネパールの西部タライ盆地にある小さな村。ブッダの生まれた地として有名。マーヤ夫人は晩年になって「天上界の満月から白象が降りてき、右の脇下から胎内に入る」霊夢を見て懐妊されたと伝えられています。出産のため里帰り途中のルンビニ園で沐浴後、北方へ20歩あまり歩き、真っ赤な無憂樹(マメ科)の花に右手を触れた時にブッダが生誕(BC563頃)しました。
マヤ・デビ寺院を中心に、アショカ王が巡礼したときに建立された石柱、釈迦が産湯をつかったという池などが残っています。巡礼者で賑わっており、特に12月から1月にかけて参拝の人が多くなります。1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に「仏陀の生誕地ルンビニ」として登録されました。
 
ルンビニにあるアショカ王の石柱
ルンビニ
 
ルンビニ地図です。中央のオレンジ色のバルーンアイコンの場所がルンビニです。
 
地図データ 読み込み中 .......
 
地図が表示されない場合は、JavaScript を許可することで表示できる可能性があります。
 
マーヤ聖堂
マーヤ聖堂(生誕の遺跡)
ブッダ生誕ポイント
生誕ポイント

(マーヤ聖堂内)
アショカ王石柱の文字
アショカ王石柱の文字
法輪
法輪
プスカリニ池
プスカリニ池

赤ちゃん仏陀を沐浴させた池
 

 
インド仏教聖地
 
ルンビニの
ホテルを格安予約
ルンビニ・ホテル予約

Copyright © 2005-2009 Indiaing. all rights reserved.